GameMaker:Studio 1.4 の扱うシェーダに関する技術的仕様や説明をまとめたページ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Surfaces 関連記事まとめ GameMaker Studio

GameMaker:Studio(以下 GM:S ) 1.4 が対応するプログラマブルシェーダは GLSL ES 2.0 を標準としています。

GLSL ES は主要なモバイル端末である iPhone / Android が対応、HTML5 + WebGL 1.0 も GLSL ES プログラマブルシェーダ対応です。 OpenGL ES は OpenGL のサブセットなので Mac/Linux 向けコード対応も容易。

GLSL ES シェーダソースコードを HLSL へ自動変換するクロスコンパイル処理の採用によって、プラットフォーム毎に異なったシェーダ記述言語が必要と成る手間を省くことができるなど GM:S も革新的進化を遂げました。



Shaders に関する基礎知識/情報、仕様を知る

Shaders for GameMaker Studio :: シェーダとは/基礎と役割・種類、スタートアップ記事 続きを読む →


GM:S のビルトインである Pass-Through シェーダを通じて GLSL ES の仕様、GML のコードからシェーダを呼び出して描画する手順までを記事としてまとめてあります

Shaders for GameMaker Studio :: テンプレートで学ぶシェーダの基礎シリーズ、スタートアップ記事 続きを読む →



GLSL ES – Shader 48 –

シェーダソースコードをブラウザから閲覧し GML コードの実践的使い方を見る、必要に応じてシェーダをコピペしてリソースへ追加する、動作を WebGL で見る、等多目的を実現するサンプルコード集サイト「シェーダ四十八手しぇ〜だしじゅうはって)」。

専用ページ。より多くのコードを読みたい弄りたい人向け。必須知識として GML 及び Surface 。GLSL ES 初心者向き、GM:S 初心者はまだ見ない方が良い。

連絡先

シェーダは WebGL も動作確認してありますが、全てのブラウザおよび環境で正常に動く保証はありません。特にモバイルのブラウザ上では WebGL ほぼ動かないです。

Android などモバイル機器のネイティブでは一部シェーダを動作確認済み、しかし実機でのテストがまだ全く足りていません。実機での動作検証結果を個人的に集めているので、動いた/動かなかったなど、ご利用中の実機・環境等の情報を提供して頂けたら幸いです。

本ブログコメント欄(ページ下部)かメール、twitter 等でご連絡ください。

GMC Member Profile:prester

ブログ・問い合わせフォーム

メール:guest@prester.org

ツィッター:Presbyter

不具合報告(HTML5)

  • 全モバイル用ブラウザ(ほとんどが正常に動作せず
  • MacBook Pro OS X El Capitan + Safari 11601.7.7 で多数が正常に動作せず
  • MacBook Pro OS X El Capitan + Vivaldi 1.4.589.39 stable 64bit で Wave が正常動作せず
  • MacBook Pro OS X El Capitan + Google Chrome 54.0.2840.71(64bit) で Wave が正常動作せず

Shaders for GameMaker Studio :: GLSL ES Sample Codes for GMS 専用ページへ移動する →

次のページへ


One thought on ““脱”初心者向け/シェーダー( GLSL ES )

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *