ここでは GameMaker:Studio の Surface 関数にまつわる技術関連の話題を扱います。

GM:S の Surface は XNA のレンダーターゲットと呼ばれる機能と類似しています。GM:S では Draw 関数はレンダーターゲット(ピクセルの出力先)に Appliaction Surface がセットされています。

Surface 関数は GPU のメモリ領域にテクスチャデータを作り、レンダーターゲットを任意の Surface(任意のテクスチャと同意) へ切り替えることで Draw を Surface に対して機能させることなどができます。

この描画結果は 2D スプライト的に扱うことができます。

Surfaces 関連記事まとめ GameMaker Studio

このエントリーをはてなブックマークに追加


Surfaces に関する説明の前に、Application Surface と Draw 機能について。

Surfaces 関連記事まとめ GameMaker Studio 続きを読む →

まずユーザ定義 surface があるか確認、無ければ作る必要がある。

Surfaces 関連記事まとめ GameMaker Studio 続きを読む →

Surfaces の存在は常に確認し「無ければ作る」的処理が必須。

Surfaces 関連記事まとめ GameMaker Studio 続きを読む →

surface_create 関数で surface を作ったら、Draw 「ターゲット」に指定します。

Surfaces 関連記事まとめ GameMaker Studio 続きを読む →

surface はゲーム実行中に GM:Studio の描画機能を使って GPU メモリ上へスプライト的なリソースとして作成する機能とも言えます。

Surfaces 関連記事まとめ GameMaker Studio 続きを読む →

次のページへ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *