About

ゲーム作成用のオーサリングツール:MMF2とその機能などを紹介していたサイトです。2013年12月以降は新製品である Clickteam Fusion 2.5が発売されたため、ブログも含めCF2.5へ移行しました。MMF2関連ブログとして主要な記事は残りますが、MMF2と関連性のある新規記事追加は無くなります。開設以来多くのアクセス、誠にありがとうございました。

iOS6

2012年9月12日、アップルからiPhone5などが発表されました。ディスプレイ(Retina)が従来と異なり4インチを採用(ピクセルの数が18パーセント増加・彩度も44パーセント向上)、次世代高速通信「LTE」に対応、そして従来より軽く薄くなった本体など。バッテリの持ちも良くなってるらしい。コネクタもこの新モデルから「Lightningコネクタ」を採用している。ちなみに手持ちの4Sはグングンズイズイバッテリが減るので見てて気持ちイイけどどうなってんだこいつは一体。

参考:アップル、iPhone5

iOSも「6」が案内されています(※開発者向けのGM(ゴールドマスター:Gold Master)版が先行で9月19日頃リリースされる予定)。OSのアップデートは無料だがiOS4からiOS5への進化過程で一回切り捨てを行ってるから対象は基本的に現在iOS5を使ってるユーザー向け…だよね?とりあえずClickTeam本家フォーラムではiOSエクスポーターのiOS6への対応とか具体的な話はまだまったく出てないようです。前回エクスポーターがiOS5へ対応するときには完全対応ができるようになるまでそれなりに時間がかかったのでMMF2+iOSエクスポーターで開発をしている方は、iOS6が正式にリリースされてもその後実際の開発環境を安易に最新のバージョンにしないほうが良いと思われます。iOS6については追加の情報が入り次第随時情報を追加していきます。

参考:iOS6 preview(英語情報) 参考:iOS6先行告知(日本語)

iOS 5 - Clickteam

iOS 5 – Clickteam.

アップルからiOS 5がリリースされましたが、クリックチームのiOSエクスポーターから出力されたXコードはビルド結果に不具合が発生しているため、現在開発中のプロジェクトを抱えているユーザーに対して「開発環境をiOS 5へアップグレードするのはちょいと待ってくれたまえ」とフランソワから発表がありました。対応には二週間程かかる予定だけどiOS 5へは完全対応するようです。

iOS 4.3上でビルドされたアプリはiOS 5上でも動くようなので今のところそれほど特別な心配はいらないようです(iOS 5にアップグレードしてしまった後でもダウングレードを選択できます)。iOSエクスポーターに関しては、あるいはアンドロイドもだけどOS側に仕様変更やアップグレードがあると過去のビルドとの不具合が発生する、このサイクルが結構短いのでオーサリングツール経由でソースコードを吐き出してビルドしている都合上、クリックチーム本家からのサポートは必須だと思うんです。日本販売代理店からの購入をディスってるわけじゃないのですが、仮にエクスポーターの日本語版が出ても代理店からは買いたくねーってのはこの辺の対応速度や発表にどえらいタイムラグが生じる可能性があるからです。iOSエクスポーターやアンドロイドエクスポーター(あるいはXNAを含め)の購入を考えているユーザーの方にはぜひ本家での購入をお勧めします。

iOS 5 Francois Clickteam

Registered: 07/01/06 Posts: 3292 Loc: France Hello all,

The last release of iOS 5 had some surprise for us. Applications with double numbers coded into them caused a crash. And problems in other places. So please, if you […]

iOS Exporterのユニコード版における制限

パッチR252 BetaでHWAのユニコード対応は見送られました。で、iOS exporterにどう影響するか考えても分からなかったのでYvesに聞いてみました。その結果たぶんシェーダー部分かな、一部制限がある程度で致命的なものでは無いという印象の返事を貰いました。 […]

iOS Export Moduleについて

もう遅いかもしれないけど、本家ClickTeamのWebショップで購入を考えている人は本家で先に開発者宛でPMを出して日本語=ユニコードへの対応を聞いた方が良いです。本家が作るものは基本的に英語版MMF2での動作を念頭に置いている=ユニコード非対応のMMF2なので文字が化けるとか化けないとかそんなの最初から念頭に無い場合があります。少なくともテスターに「2byte文字圏の人」が混じってない限り問題が出ないからその手のテストすらしてないはずです。XNAもそうなのですが、日本語版ユーザーのテスターは基本的に募集してなかったしユニコードへの対応は後付けか最初はまるっきり無視です。だから買う前にちゃんと開発者に聞かないとユニコード対応?なにそれおいしいの??ってこともあるから気をつけてください(少し落ち着いたらこの件はこちらでも確認してみます)。

とりあえず本家で初物買いをするときは気をつけた方が良いです。かならず開発者にPM送った方が無難ですよー、と忠告。

ちなみにウェブショップで値段確認したら日本人向けは99ユーロでした。USAのウェブショップには地域認証で蹴っ飛ばされるようになったので確認できません。

Hardware Accelerated or Normal MMF2?

ここも読んでおいたいいかも。R252については今現在Yvesが頑張ってるようですが、とりあえずiOS Export Module入れると自動的にR252になってるんですね。

iOS Export Moduleが発売されるようです

興味深いエクスポーターです。対応しているエクステンションの一覧を見るとすでにある程度実用的なものが揃っている。しかもとうぜんHWA対応、マルチタッチ対応。一部Dev版でないと利用できないサービスもあるようなので(カメラとか)MMF2Sの人はMMF2Dにアップグレードするか考えるところなのかな。 […]