About

ゲーム作成用のオーサリングツール:MMF2とその機能などを紹介していたサイトです。2013年12月以降は新製品である Clickteam Fusion 2.5が発売されたため、ブログも含めCF2.5へ移行しました。MMF2関連ブログとして主要な記事は残りますが、MMF2と関連性のある新規記事追加は無くなります。開設以来多くのアクセス、誠にありがとうございました。

ダブロー パジャーラヴァチ

ロシア語をちょっと習った。


英語がほぼ通じないのも困るが、31 の記号と 2 つの発音を変化させる記号があり、一般的な欧州圏の言語同様名詞には男性形・女性形・さらに中性形とあり、語形変化が複雑なスラブ系言語=ロシア語も困る。

で、ロシア語だけど、会話の場合は発音をしっかりしてれば文法はいい加減でもなんとかなるみたい。英語みたいに巻舌で発音するの?と聞いたらそれ( 巻舌 )はよくわからないとのこと。そこで試しに内緒で 10 分、速攻で勉強した発音で

バリショーエ スパシーバ

と言ったら相手にも通じた。もちろんカタカナ読みをそのままではなく、欧州系ならフランス語がちょっとモゴモゴした発音なのでそれを意識して発音すれば良さそうな感じ…かな?「スパシーバ」については「Спасибо」がロシア語綴りだけど…最初はまったく読めねえ。しかし人間が作ったものなのでからくりが分かればこれも単純。

暗号解読/「Спасибо」の場合

「С」はアルファベットの「S」相当
「п」は英語の「p」相当
「и」の読み方は「イ(ee)」
「б」は英語の「b」の発音

Большое Спасибо でバリショーエ スパシーバ=タイヘンありがとうござました、の意。Спасибоだけでも「ありがとう」だが、少し丁寧に喋る場合はバリショーエ(Большое)を付ける。

ダブロー パジャーラヴァチ( Добро пожаловать )は「(初対面で)ようこそいらっしゃいました」の意。ダブロー パジャーラヴァチはダブロー パジャーロヴァチと習った気がするけど綴りをみるとラっぽい。やっぱ聞き取りのための耳が悪いようだ。


Comments are closed.