About

ゲーム作成用のオーサリングツール:MMF2とその機能などを紹介していたサイトです。2013年12月以降は新製品である Clickteam Fusion 2.5が発売されたため、ブログも含めCF2.5へ移行しました。MMF2関連ブログとして主要な記事は残りますが、MMF2と関連性のある新規記事追加は無くなります。開設以来多くのアクセス、誠にありがとうございました。

The Big Box Object


Win32API から利用できる様々な機能を MMF2 のエクステンションとしてまとめたものです。

the_big_box

作者:Phanoo
作者ウェブサイト(消滅):http://tqfcenter.free.fr
ファイル名:bigbox.mfx

壁紙を変えたりマウスコントロール制御、ディスプレイ解像度変更、色深度、リフレッシュレート、さらにコンピュータの再起動やシャットダウンまで指定できます。個人的にはあまりやってほしくない(勝手に変更されたくない)操作ばかりなのです…

ちなみにマウスカーソルの位置を変えるエクステはざっと調べると、「 Mouse Object( Cellosoft 製) 」と「 Control X Object 」などがあるのですが「Mouse Object( Cellosoft 製)」の利用は避けて下さい。

「 Control X Object 」はマウス操作のシミュレーションを行うものなので、特定 XY 座標にピタっと一致して移動させたい場合には用途的に「 The Big Box Object 」を利用したほうがいいかもしれません。

ただしディスプレイ全体の座標から位置指定して強制的にカーソルを移動させる機能しかないので、現在表示されているディスプレイ内におけるアプリケーション・ウィンドウの座標を取得するためにはさらに別エクステが必要となります。

この場合、MMF2 日本語版にも入っている「ウィンドウコントロール」というエクステが、ディスプレイにおけるアプリケーションウィンドウの垂直水平位置を取得できます。


Comments are closed.