About

ゲーム作成用のオーサリングツール:MMF2とその機能などを紹介していたサイトです。2013年12月以降は新製品である Clickteam Fusion 2.5が発売されたため、ブログも含めCF2.5へ移行しました。MMF2関連ブログとして主要な記事は残りますが、MMF2と関連性のある新規記事追加は無くなります。開設以来多くのアクセス、誠にありがとうございました。

MMF2の基礎概念12

スプライトとサーフェイス

「アクティブ」はMMF2で「スプライト機能」を管理・編集するためのオブジェクトです。スプライトはスプライト同士の衝突を検知することができます。MMF2のアクティブは複数のゲーム用アニメーションを視覚的に管理し、それらの編集にも対応します。ついでに以下SDKからの引用。

The returned surface is not the physical screen, but a hidden screen. When you perform a graphic operation into this surface, it won’t be displayed on screen immediately, but at next frame loop. Also you must tell MMF what area you have changed, so that it can copy it to the screen.

active_object

スプライトを扱う



active_image_editor

視覚的にアニメーションを管理できる


MMF2は革命的な技術を使っているわけでは無く、むしろ常識的な小難しい既存技術を使いながら難しさを上手に隠蔽しているだけなので内部的にはスプライトも使っているしサーフェイスも使っています。ヘルプとかではそれをとりわけ説明していません。エクステンションを開発するためのMMF2SDKにはさすがに少しだけ詳しく書いてありましたが、期待したよりドキュメントはずっと薄かった…

スプライト?

MMF2では動かすことができない「背景」に対して、ユーザーの操作に応答して動かすことのできる絵が「スプライト」です。現在の家庭用ゲーム機の多く、あるいはPCもゲームといえばポリゴン技術が取り入れられており、これらは座標にZ軸(奥行き)があります。2Dスプライトは基本的にZ軸の概念がないX値とY値、すなわち高さと幅で画面内の座標を取得します。スプライトについては古い技術なので調べれば1980年代くらいまで遡れるようです。ハードウェア処理の支援と恩恵とを全面的に受けていた90年代などはちょうど今のポリゴン全盛と似ている気がします。スプライトの表示数がハードウェア性能の指標みたいになっていた頃もあったそうで、この辺は新参の筆者なんかよりも詳しい人がゴロゴロいるでしょうから、歴史的経緯や更に詳細な仕様なんかについては先輩諸氏に解説は任すことにします。

今回筆者が記事を書くに当たってMMF2のSDKを読んだのですがあんまり大したことは書いてありませんでした。MMF2のスプライトとサーフェイスについて知りたいことがあったのですが、資料が無さ過ぎるので一般的なスプライトとサーフェイスの概念で大差ないでしょってことでスプライト?サーフェイス??という方は興味が沸いたら是非自分でこの辺をキーワードにしてGoogle先生で検索してみてください。一般的な「スプライト」と「サーフェイス」に対する知識を得れば、MMF2への理解も自然に一歩高まると思います。個人的にはPython + Pygameでスプライトを使って遊んでいた経験があるのでPygameのドキュメントをちょっと紹介しておきます。

初心者のための pygame ガイド

Pygame チュートリアル Chimp 徹底解説

「初心者のための pygame ガイド」は久しぶりに読んだのですが、なんかMMF2(日本語版)にも共通して言える部分がいくつかあります。

  • ハードウエア surface は利点よりもトラブルのもと
  • 枝葉の問題に心をうばわれないようにしよう
  • ピクセルごとの完全な衝突判定に頭を悩ませるのはやめよう

HWAが来ない・・・(ハードウエア surface は利点よりもトラブルのもと)

アップデートも来ない・・・(枝葉の問題に心をうばわれないようにしよう)

衝突判定については「デテクター(detector/衝突判定・当たり判定用の別オブジェクト)」と高速ループ使えば良いのだけど、これを理解できるかどうかはMMF2を使いこなす上での大きな試練の一つかもしれません。上下左右の壁判定を自動でやってくれる、こんな機能が欲しかったのですがMMF2でやる場合、Pygameと同じ程度の労力(自前で衝突を検出するロジックを組む手間)がかかる気がします。

その他の仕様:インクエフェクト

半透明
反転
XOR
AND
OR
モノクロ
加算
減算

半透明処理はソフトウェア0〜127段階、HWAを使用した場合0〜255段階。
インクエフェクトは通常一つしか選択できず、一つのオブジェクトで複数のインクエフェクトを組み合わせるような高度な選択はできません。これに対してHWAはシェーダーを自作することもできるしすでにある程度の種類のシェーダーが公開されてもいるので、HWAが使えれば表現の自由度は飛躍的に高くなります。また最新版パッチが当たった(英語版用R254以降)SWFエクスポータでもインクエフェクトは使えますが、Javaアプリなどではもともと半透明すらサポートしてませんしインクエフェクトは使えません。つまり「インクエフェクト」はビルドするアプリケーションの種類によっては使えたり使えなかったりするものがある可能性はあります。iOSやXNA、AndroidではHWAとともにシェーダーも使えるはずなのであんまり心配いりません(英語版の場合のお話です)。

変数型

アクティブオブジェクトは変数(数値型と文字列型)を持つことができる。今回は数値型についてのみ仕様を紹介する。この変数はグローバル変数に対してローカル変数的な扱いの「可変変数(Alterable Value)」で、アクティブオブジェクト一つに対して26個の変数を持つことができる。通常はフレームを跨いだ時点で、保持されていた値は破棄される。この場合オブジェクトをグローバル化すればグローバル変数的にフレームを跨いで値を扱うこともできる。
option_active_global

プロパティ:グローバルオブジェクトのオプション

MMF2の変数には「型」があるらしく、数値はLong(signed integer:長整数型)である。つまり-2147483648 / +2147483647の整数が扱えます。ここで変数型に敏感な人は「Longだから小数点以下は基本として無視されるはずだ」と考える、しかしたちが悪いことにプロパティから変数に値を代入した際にはMMF2のインターフェース上では問題も無く一見ちゃんと代入できてるように見える。これだと実は小数部が無視された結果が返ってくるんですがね。しかし小数が扱えないかというとそんなこともありません。

active_value_long

小数を代入した直後、実は値は切り捨て

「アクティブ」のプロパティから初期値として変数Aに与える値にわざと小数点以下の数値を含ませてみよう。このやり方だと後で確認すると小数点以下は確かに無視されるのだが、今度はイベントエディター上から「フレームが開始時」に小数点以下を含めた値を代入するようにすると値はfloat(6桁)になって返ってくる。これはMMF2は数値に型があるようでC言語のような厳密さはなく、どちらかというとjavaのように変数の型があわないときには自動でlongからfloatに型を合わせて代入してくれるという仕様になっています(だったらプロパティからも少数を代入させてくれよと愚痴がでるのですが…)。

参考:(外部リンク)リテラルと変数の型.

◎,○は代入可。×は不可。

代入する数値の型→ int long float double
数値の例→ 12 12L 12F 12D
変数の型 int × × ×
long × ×
float ×
double

座標もサブピクセル(ピクセル以下の単位)をサポートしていないので例えば毎回オブジェクトの座標X値を取得してそれに0.1を加算するような計算をしてもオブジェクトは永遠に移動することはない。しかし前述の仕様を利用すればイベントエディタ上で「フレーム開始時」にターゲットの座標X値を変数Aに代入したとします。次に変数Aに対して毎フレームごとに0.3を加算した場合、4フレーム目には1.2pixel分移動する計算になる。これで変数Aの計算結果をX値に代入すればオブジェクトは右にゆっくりと移動するようになります。

おまけ

XLuaを使うと変数の型を意識せずに数値なら基本でdouble(倍精度浮動小数点数型)を扱えるようになるけど、MMF2と値をやり取りする場合はここに注意が必要。「カウンターオブジェクト」は変数として複数の値を保持することができないけどdouble(ieee double float)相当を扱うことができるので、小数は「カウンター」を利用する方法も手軽でお勧め。
counter_double

プロパティ:浮動小数点


基礎概念:リスト
12345678910
111213141516171819Last
 

前へ戻る 次へ進む

Comments are closed.