About

ゲーム作成用のオーサリングツール:MMF2とその機能などを紹介していたサイトです。2013年12月以降は新製品である Clickteam Fusion 2.5が発売されたため、ブログも含めCF2.5へ移行しました。MMF2関連ブログとして主要な記事は残りますが、MMF2と関連性のある新規記事追加は無くなります。開設以来多くのアクセス、誠にありがとうございました。

クリックブートキャンプ2013秋 ~Click Boot Camp~

落ち物パズルなどを簡単に作るために利用されるAGBO / Advanced GameBoard (アドバンスドゲームボード)Object に関する解説とサンプル […]

ControlIME(ベータ)

主な機能:アプリケーションのIME(InputMethodEditor:いわゆる日本語入力)機能を無効にします。ゲーム操作にキーボードを割り当てている場合、プレイヤーの操作ミスでIMEがオンになってしまう場合があるのでこれを回避するために作成されました。Visual C++ 2010 Expressを利用しており、MMF2のPC用ビルド専用のエクステンションとなります。詳細な使い方はサンプルファイルをご覧ください。 […]

Window Transparency Extension -Beta

Window Transparency Extension -Beta.

www.g2f2media.comから「Window Transparency Extension」がアップデートされました。以前と比較して追加された機能として、サブアプリの透過に対応、アプリケーション起動中にも透過色の指定/変更などが可能になっています。昔流行ったペルソナウェアとか、デスクトップマスコットなどの作成に貢献しそうな機能のエクステンションです。FVivoloのエクステンションはサンプルがしっかり入っているのでわかりやすくてありがたいです。

2012-Mar-01

FVivolo

Hi,

I just made some changes in the extension, adding some features, on error condition, and get transparency value and color in expression

also remade some examples so please check it

let me know if something is not working

[…]

Web Object for developer 2 - ver3.0

Web Object for developer 2 – Page 2.

www.g2f2media.comからWebX objectが3.0にアップデートされました。インストーラ版とZip版の二種類が用意、更にUnicode対応もされています。

このエクステンション、最初の版が発表されたのが2009年なんですが、日本ではwikiでもまだ紹介されたことの無いエクステンションなので、今回時間をとって改めてその機能をちょっろと紹介をしてみます。 ★Continue reading Web Object for developer 2 – ver3.0★

Advanced Global Values Object

Advanced Global Values Object.

かなり便利なエクステンションが本家フォーラムで発表されました。「Advanced Global Values Object」は数値型/文字列型変数の仕様を拡張するためのエクステンションです。動作確認は筆者手持ちの英語版で行ないましたが、たぶんユニコード環境でも使えるはずです。少なくとも文字列変数の内容に日本語を入力しても化けないしきちんと表示できました。

このオブジェクトの便利な点は三つ!

  1. 各変数をグループとして、しかも複数のグループで扱うことができる、編集はテキストエディタでも可能。
  2. 数値型変数の数値代入には小数点を含めた数値が最初から代入できる(MMF2標準仕様が改善される)。
  3. 変数の順番入れ替えが可能(識別子で呼び出しする仕様なので、変数1、変数2といった順番の概念が薄い)。

こんな感じです。変数の呼び出しに識別子指定があるからちょっとめんどい(グループ名,変数名をそれぞれ記述する)のですが、一方でMMF2標準のグローバル変数はどうしても「変数の順番固定」という縛りがあるからこれも使いにくい時があります。このエクステンションは純粋に登録された「グループ名」と「変数名」で呼び出されるようになっているので、順番という概念は無いんですね。その代わりグループ化が可能なので例えば「アイテム売値(グループ),棍棒(変数名)=100,鍋のフタ(変数名)=200」/「アイテム買値(グループ),棍棒(変数名)=50,鍋のフタ(変数名)=100」といった具合に細かく用途分けしたグループ以下に変数を格納して使うことができます。しかも編集には自分のお気に入りのテキストエディタが使えますから作業効率を落としません。

本来もう少し動作テストをしていかないとどれくらい安定しているかとか登録できる上限は?とか分からないのですが、興味をもった方はどうぞ試してみて、フィードバックを本家フォーラムにしてさしあげてください。

★Continue reading Advanced Global Values Object★