Lacewing Blue Server object   Recently updated !


Lacewing をカスタムした Lacewing Blue のサーバ型エクステンションが登場。


書いてその後存在をすっかり忘れて公開するのが遅れた記事

参考(Clickteam Forum):Lacewing Blue Server release

製作者は Phi 。Lacewing Blue Server もしくは Bluewing Server と呼んでくれたまえとのこと。対応するクライアントの OS は Windows と Android (あと Flash も)から接続可能。なお、資金援助があった場合は今後 HTML5 用のクライアント作成も承るらしいです。

なに?これ?

Bluewing が作られた経緯とかはこっちに詳しく書いて有ります。

参考(こっち):https://dark-wire.com/relay/

上記を軽く要約すると

  • 昔々 MooSock という拡張機能がありました(MMF世紀)
  • Moo シリーズの後継として OINC が作成されたけど…ハードディスクもろともソースコードは消失
  • ココロと身体をリフレッシュ、名前も新たに Lacewing としてプロジェクトは再出発!
  • James McLaughlin が Lacewing を開発!
  • Lacewing の python 実装として pylacewing が Mathias によって作成された!

Lacewing の開発者 James McLaughlin は多忙のため Lacewing のソースメンテができなくなりましたが、プロジェクトはオープンソース化されていたのでそこから派生してLacewing のオリジナルソースコードにメンテナンスとかバグフィックスとか魔改造とかを施したのが Darkwire Software の Bluewing になります。

これユニコード対応?

ソースコードは主に古いバージョンが MMF2Exts/DarkEDIF/Lib/Lacewing/ で公開されています。

これらソースを見る限りクライアントおよびサーバはどちらも Lacewing 同様ユニコード対応していません。…が、もしかしたら最新版は対応してるの・・・か?・も・?!?

開発者の Phi が手がけるエクステは、彼が独自に改造を施した DarkEDIF というライブラリを利用しているため、オリジナルの EDIF より比較的新しいビルド環境でビルドが保証されています。だけどそっちもかなり改造されているためエクステ開発初心者には非推奨です。

Bluewing も一部マルチスレッド対応していたり独自機能も多数含まれていたりと結構魅力的なのですが、ドキュメントの少なさも含めてサーバ初心者はやっぱり手を出しにくい存在?まぁ自己解決できる強くたくましい人にしか筆者もオススメしません。

夏休みの自由研究にどうぞ

MMORPG の作成などに欠かせない独自プロトコルを備えたオンライン機能を提供する高機能なエクステです。

今年の夏はサーバ立てて MMORPG 作って、他の友達(あさがおの観察日記)と差をつけちゃおう!


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です