GM:S2 の Mac OS 用 IDE/公開スケジュール


GameMaker Studio 2 Useful Links にロードマップが示されています。


参考(YoYoGames):RoadMap

これによると 2017 年 の Q2(Second quarter=4月〜6月) にマック OS 用エディタ(IDE=統合開発環境)の公開が予定されています。

GM:S2 の IDE は元々 Windows PC への対応だけでなく、Mac OS/Linux(Ubuntu) にも対応すると発表されていました。

2016 年 Q4 に Windows OS 用の IDE がベータとして公開された後、Mac OS 用の IDE 公開時期も発表されました。Linux 用の IDE は商業的な利益が見込めないため現在対応予定が無くなっています。Mac OS に関しては予定のキャンセル等はありません。

ライバル的な存在として近年頭角を現してきた C2 の最新版である C3 も、IDE はブラウザで動作するため OS を選ばないものとなっていますが、C3 の場合はネイティブコードではないためエディタ動作が重くなるのではないかという懸念があります。

Clickteam の CF25 マック用エディタも Wine を使ったワインボトラーだったりで、Mac OS 対応というのは小さな開発チームには本来重荷なのですが、どうしてもユーザからの要望が定期的に出るため一応需要はあるのだと思われています。Clickteam はこの問題解決のために次期バージョンではクロスプラットフォーム対応のフレームワークとして Qt を採用しました。

GM:S2 の開発もクロスプラットフォーム対応のフレームワークを用いており、これらはネイティブコードで作られた IDE となるため Windows OS 版と比較して動作が重くなるなどの懸念は生じません。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です