GMS2 がなんだかすごい?


YoYo は定期的にスクリーンショットを公開することで新製品のアピールを開始している。

現在まで公開された情報はたった三枚のスクショなんだが、このスクショが効果的で、メジャーバージョンアップにふさわしく、生まれ変わった GM:S の世界観に少しだけ触れることができる仕組み。あとはユーザ任せで、開発側は何も語らずユーザに勝手な議論をさせているあたりが上手いやり口。想像力を刺激される。


ノードベースなコードエディタ。BluePrints っぽい?U.I. は大幅に変更されている。

オブジェクトプロパティからノードでつながっていくアクションとイベント(スクショでは Draw )とコードエディタ。そして背景として見えるのはおそらくルームエディタ(CF25 で言うと Frame Editor)。

アニメーション用のイメージエディタ。この部分にこれだけ力を入れてくるとは思わなかった。画面上部にはアニメーション・シーケンシャル。画面右はレイヤー?これだけでも結構すごいのだけど、画面分割されたイメージエディタはそれぞれ異なった拡大率で一つのイメージを表示可能になっている。グラフィックスの全体を見ながら、部分的な拡大を同時に見ることができる。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です