サーバの設定>失敗した記録


指定ドメインの公開用ルートディレクトリをドメイン設定から変更した。

三つあるWPブログの内二つが管理画面からのアクセスにエラーを生じるようになった。内MMF2の方(一番古いブログ)は管理画面が真っ白になる症状。wp_configからデバッグモードをオンにしてもエラー原因を表示しないためお手上げ。cf25の方は管理画面は表示されるが、新規投稿しようとするとエラーが出る。しかもこちらもなにか致命的なエラーのため解決できない。GMSの方はデータベースを分けてあるため相変わらずマイペースというかトラブル無し。プラグインも入ってるのだけど、全て平気で動いてる。長く運用しているブログ程、すこし設定を変えただけで動かなくなる、気難しい。

仕方が無いのでルートディレクトリの変更はできないから元に戻した。

その他

vimが入ってない環境だったのでvimをインストールした。設定も変更済み。
シェルはbashでもcshでも構わないからデフォルトのcshのまま使ってみる。

共有SSLについてはあまり益がないため導入せず。
WPについて今後は増やさずに、現状の三つだけを維持する。WPはデータベースを使うためアクセスが遅いしプラグインの管理やセキュリティ問題・アップデートなど、管理に手間がかかる。サーバ引越しの際の手間も多いし、今後はHugoなどMarkdown形式を使った静的ページジェネレータを導入したい。

これまでIIS環境では連携が難しかったが、引越しでサーバもUnix系になったのでコンソールが便利になった。Hugoを導入するのはまだ時期尚早っぽいが、データベースを使うブログ系コンテンツはなるべく今後は静的ページに切り替えていきたい。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です