故障した HDD の復旧と見積もり金額


失意を抱きながら帰路へ。

HDD が故障したため国内のラボに持って行ったところ、事前診断で出された概算とはだいぶ異なる高い見積もり金額を提示された。

年々 HDD は大容量化されるが、故障した場合は復旧するデータ容量に応じて請求金額も増える仕組みで、ってことは故障したらコストが高すぎてテラバイト以上のデータとか事実上復旧できないということになる。

HDD に発生している障害の種類で金額も変わる

論理障害と物理障害の二種類だが、論理障害に関しては基本的に軽度の障害という見積もりなので金額も安い。下手すると市販のデータ復旧ソフトで治ってしまうレベルだから一万円以下で直る。あとは HDD のファームウェアに異常があってファームを入れ直す必要がある場合とかあって、これはやや特殊な例だが比較的作業工賃は安い。

障害の内、物理障害の場合はやっかい極まりない。精密機械の内部で発生している機構的なトラブルなので素人が手は出せない。唯一できるとしたら基盤の交換くらい迄、この手法も最近は通用しなくなってきてるらしいので、国内ラボで物理障害と診断された HDD のデータ復旧は基本的に高額な請求が来る。

神は乗り越えることのできない障害をお与えにならない

これについては、「金」があればな。

しかしそこで閃いた。もっと安い国で復旧すればいいんじゃね?である。

というわけでブログのネタにもなりそうなので、予算十万円以内でテラバイトなハードディスクを物理障害から復旧できる国とサービスが無いか探して見ることにした。

続く


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です