昔作ったプロジェクトファイルのイベント行数


第四回、20 event competition に参加できそうなものを作ったこと過去に無かったかなと思い、昔作ったプロジェクトファイルを開いて見ている。

prester.org 名義で公開したゲーム作品は一定期間継続してプロジェクトとして製作を行なっていたものだから、だいたい 20 行で収まるわけない。

しかし一つの作品に付き何行くらいなのだろうと気になり一個一個アーカイヴを開いて確認しているけれど、一番最近公開したペンタくんでゲームエンジン部分は 530 行程あった。コメントとかグループヘッダーも行数に含まれているので実際はもっと少ないだろうけれども、ペンタはとりあえずゲーム部分は 500 行超え。

じゃあエクスポータ使った互換性が確保できないためずっとベータのまま止まってしまっているズーパクならどうだろう。270 行だった。なんでこんなに行数多いかというと、パズルヘルプ機能の実装だけで 100 行使ってる。アホみたいにめんどくさいループ処理をやらざるを得なかったため、その部分のアルゴリズムの MMF2 向け実装だけで多くの行数費やしてる。パズルとしての実装はあまり時間もかかっておらず、ズーパクを作った時のテクをそのまま流用したのがペンタくんの重力部分の実装。

クアッドフリーセルはスクリプトを使っているため作り方がまったく違うので MMF2 側のエディタ行数は参考にならない。それでもゲームエンジン用のスクリプトはだいたい 1000 行、MMF2 側は 300 行近い。クアッドフリーセルはものすごく苦労して作ったので思い出深いけれど、いまならもう Lua 使わずに SQLite の部分も含めてエクステ自作でなんとかできる気がする。

結論

余裕で全部 100 行超えてる。公開したプロジェクトは全部そんなもんかだった。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です