semi transparency と alpha blending の違いについて


開発者である Yves 自ら本家で説明をしてくれました。semi transparency と alpha blending の違いについて。

参考(本家フォーラム):Difference between semi transparency and alpha blending? - Page 2.

引用ココから

Semi-transparency = old MMF ink effect, range = 0-127
Alpha-blending coefficient = same visual effect, range = 0-255, but it's not a specific effect, it's a coefficient that can be applied whatever the current effect of the object

You should use the alpha-blending coefficient, it's supported by all platforms (afaik - sorry can't remember, there are too many lol - probably it's not supported in the old Java runtimes), has a better range as Mathias said and doesn't require you to set the effect to Semi-transparency.

引用ココまで

alpha-blending の利用を推奨

semitransセミトランス(半透明)は MMF(旧製品) との互換性のためにある

Yves と Mathias が述べているように、技術的には同じものですが「 Semi-transparency 」は非 HWA 環境で製作を行なっていた MMF2 時代の遺物です。

機能的違いとして、「 Semi-transparency 」は「 0 〜 127 」の間で値を設定するようになっています。

HWA 用の「 alpha-blending 」では「 0 〜 255 」階調を選べるようになっていて、より繊細な表現が可能。

Yves いわく「エクスポータで利用する場合など互換性の面で完全とは言えなくなってきており、今後は alpha-blending の利用を推奨」とのこと。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です