CF2.5 用エクステンション、GArR(ガー)正式公開


Clickteam Fusion 2.5 用エクステンション 「GArR」を正式公開します。

Windows PC 用で、動作確認済み OS は Windows XP および Windows Vista と Windows 7 (64bit)。

公開サイト:インターネットに強いエクステンション★GArR★

付属動作サンプルの内部ドキュメントは英語。詳細な機能説明とか仕様はウェブで、主に日本語で公開してます。

動作サンプルで「 Numeric Up-Down Control 」というサードパーティ製エクステを利用しています。エクステンション・マネージャからダウンロード可能です。

動作サンプルで使っている「リスト」オブジェクトにバグがあるため、一部動作に不具合を起こす場合があります。この問題の回避策は

GArR 既知のバグ:リストオブジェクトから値を取得した場合

にまとめた雑文で解説されています。

GArR について

カタカナでの読み方は「ガー」、「ゲール」どちらでもお好きな方を。

icons_GArR_01
本家のサポートしているエクステンションでもある 「GET Object」と「StringTokenizer」をリストペクトしながら機能を華麗にパクって合体 ( Fusion ) させオリジナル機能を追加した拡張機能です。

HTTP GET 及び POST 機能は UTF-8 デコード機能を備え、Shift_JIS に加えて EUC-JP のデコードにも対応しました。URL エンコード機能も UTF-8 と Shift_JIS に対応。UTF-8 が表現できる言語範囲内なら日本語以外であっても文字化け無く表示できます。

StringTokenize 機能は半年前、本家のエクステがまだユニコード対応してなかったため、GET をパクって作り直すついでにユニコード対応エクステとして「StringTokenzier」相当機能も一から作り直しました。これも完全にパクったので、使い勝手は本家版とまったく同じですが処理速度は本家版より高速。あと若干の追加機能と、HTTP GET との連携可能。

本家エクステとの互換性について

エクスプレッション (expression) レベルでは本家のエクステと完全な互換性があります。本家のエクステ機能はほぼ完全にパクったので、特に本家版が持っているエクスプレッション機能ならすべてカバーしています。

フレームエディタ内で利用されているオブジェクト名を変えるだけで各本家版と GArR で同じようにエクスプレッションを動作させることができます。

本家エクステとの相違点について

別オブジェクトなのでアクションとコンディションは互換性を持たせる事ができないので、アクションおよびコンディションはメニュー表記などちょっとずつ異なります。

GET Objct の 「Pending」については、以前から無駄だと思っていたので廃止して、代わりに「Connection Failed」という即時実行条件を付けました。「Pending」を使いたい場合は汎用の Flag などで管理できます。

HTTP 接続機能にはデコード設定とエンコード設定が追加されています。

デコード機能については取得したいページに使われている文字コードに合わせる必要があります。

エンコード機能については自分の使いたい文字コードとサーバ側の処理に依存するため、各人の環境や仕様によって設定は異なります。

Offset 機能は基本的に使わないけど、HTTP の応答ヘッダーに付属する改行扱いがサーバの処理系に依存しておりそれが複数種類あります。製品なら全部調べて全部対応すべきなのですがエクステは「作品扱い」なので、マイナーな処理系に対応したくないから手動で調整する機能を付けました。ごく稀にですがこの値の設定が必要な場合はあります。それ以外はヘッダー見たい場合とかヘッダーを逆に削りたい場合とかに使ってください。

本家 GET はリダイレクトを指定されている場合リダイレクトを追跡しますが、GArR ではリダイレクトは追跡せずサーバから受け取った 303 エラーなどを素直に表示します。

HTTPS には対応してません。また個人的にも必要としてないため付けませんでした。


コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です