MMF 2.5 (CF25) に関するスチムー版ユーザの秀逸なコメントが話題に


やけに長いタイトルはラノベを意識、なお記事本文はまとめサイト風でお送りします。

フォーラムに投稿された記事本来のタイトルは「 Your comments please on this negative rating for MMF 2.5 」で、要約すると「 CF25 STEAM 版のカスタマーレビューでネガティブをつけた人がこんなこと書いてたのだけど、どう思う?」的な内容。

cf25_customer_reviews
参考URL(本家フォーラム):Your comments please on this negative rating for MMF 2.5

スチムー版についたこのコメントを猛虎弁風に要約すると「わいがゲーム作ろうと思い作業始めたら、レベルエディタを自作せなあかんことにすぐ気がついたんや。なんやこれ、言語使ったほうが楽なんちゃうか?」です。

steam_review_on_cf25

さてこのコメントに対する本家フォーラムユーザの反応は比較的冷静かつ公平なものでした。長いコメントもとりあえず短く抜粋しています。

本家フォーラムユーザの反応

「What he says is fairly accurate. (ホント、これ=ホンこれ)」

「I agree with that comment. (ほんこれ=Book This)」

「I too agree with this comment. 」

「I say try the software and you can judge for yourself.」

「I think the comment in the review is fair, of course it is focusing on a negative although there are far more positives in Fusion we can name. 」

「I agree with the author of comment. Clickteam Fusion has a lot of limitations」

「I agree with Snail’s comment the most, and with the original negative review.(中略) I was very unpleasantly surprised to learn that a level-editor wasn’t even included. 」

「Is Fusion for everyone? certainly not. but for me, its been a fantastic tool.」

この記事書いていていやっぱまとめサイトって危険だな(編集する人のバイアスがかかるから)って思いました。でもまぁたまにはいいでしょうっていうか許してください。

総括

さて、長いコメントの中には結構重要な指摘も含まれていてそれらを省いてしまいましたが、それでも多くの人がツールの現状に制約を感じていることはわかります。あるいはマーケティングが上手くないから後発の C2 ( Construct2 ) に知名度で抜かれるんじゃね?という意見も。

たしかに C2 は現状だと Clickteam Fusion よりアセットも充実しておりツールとしても評価が高い。抜かれたかどうかは日本国内だけ見てるとわからないけど、海外では勢いに差が付いてしまいました。ちな、C2 は HTML5 に特化しているため HTML5 で競わせたら CF25 + HTML5 エクスポータでは完成度・ツールとしての利便性ともまったく勝ち目がありません。

CF25 はやはり MMF2 で感じていた制限や制約をもろに引き継いでしまったため、ブラッシュアップされた部分もあったけど製品としては Fusion 3 発表までの継投に近い。その Fusion 3 がなかなか出てこないため期待だけは高まるけど現状やはり解消されない不満が募る、こんな感じでしょうか。

筆者自身も CF25 って良いツールだと思うけど万人には薦めない、これに兼ね同意。Fusion 3 には期待していますがどうしても小さな開発チームなので開発速度が遅いし、初心者向けツールと言っても英語圏でも解説書籍がたくさん出てるわけでもありません。やはり書籍の少なさは英語圏の人でも不満に思っているようです。

あるいはエクステに頼らないで標準機能だけ使って作っても少し凝った処理だとエクスポータ毎に再現性などが異なるため、動作は再現できたり出来なかったりする。開発規模の小ささがエクスポータの完成度にも響いているのが痛い。なのにエクスポータの数は増やすので完成度が低いまま終わってしまった XNA のような例もあります。

「Fusion 3 ハヨ!」がフォーラムでも多くのユーザから求められていました。というわけで謹賀新年、今年もよろしくお願いします。

Fusion 3 ハヨ!

(01月27日記 prester)


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です