アップデータ 283.2 プレリリース版が公開されています


チェンジログによると INI Object で既知のバグとして知られていた UTF-8 オプションに関する不具合が修正されたようです。ついでに INI で扱われる文字列の制限(よく見たらファイルサイズに関する言及では無い)も拡張された結果 1Kb ( 1024 byte ) から 10 Kb ( 10240 kb ) へ増量。10 倍だぞ 10 倍です。まぁまだどちらも試してませんがまず不具合の方が治っていたら朗報となります。

抜粋ここから

– INI object: converts the INI filename to current user’s language even if the UTF-8 option is selected.

– INI object: string limitation extended from 1 Kb to 10 Kb.

抜粋ここまで

参考(CT Forum):ChangeLogs 283.2

参考(CT Forum):Build 283.2 - pre-release version

順調な場合こんどこそこれが正式版となってリリースされる予定。

iOS エクスポータは iOS7 SDK 以上が必要要件として更新されました。

iOS は APP Store への新規申請に 64 bit への対応が今後義務化されており、今回のアップデートで一応 64 bit 対応が実装されたようです。しかしまだ実装されてから期間も短いのでちょっと不安が残る。このへんも試してみないと万全かどうかはまだわかりません。サポートフォーラムにある説明をよく読んでからご利用ください。

その他大きな仕様の変更はざっとみた感じ見当たらず、各エクスポータやランタイムにバグフィックスが加えられました。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です