iOS アプリに 64bit 対応を義務付け、それを受けた Clickteam の対応など


Apple は 2015 年 2 月以降、iOS アプリの 64 bit 化への対応と iOS 8 SDK の使用を義務付ける発表をしました。従来からの 32 bit アプリを切り捨てるのではなく、新規アプリの登録は 64 bit への対応を義務化するという意味です。

クリックチームの製品あるいは iOS エクスポータで作られたアプリがどのような影響を受けるかについてですが、基本的にこのエクスポータはソースコードを吐き出すところまでしか行なっていないため意外と影響は少ない(はず)です。Xcode で作っていれば 32/64 両方へ対応できるからです。

CT のフォーラムでもこの話題が出ており、公式の発表が欲しいとユーザサイドから要望が出ていました。

これを受けて CT フォーラムではメイン開発者の一人である「 Yves 」と iOS 担当の「 Anders 」からコメントが返されています。

参考( CT Forum ):Apple: Beginning February 2015, App Store submissions need to be 64-bit

二人からの返信を大変おおまかに訳すと「主に動作チェックに時間かかるけど 64 bit 対応はするよ」とのこと。

64bit ARM 搭載機種は iPhone 5s 以降

基本的にはコンパイルし直せばいいだけなので、外部ライブラリに依存しているものが無ければ 64 bit 対応は比較的ラクだと言われています。64 bit を意識してコードを最適化すると処理速度も速くなり実行効率も良くなります。

古い機種は 64 bit の恩恵受けられないわけですが、これで 32 bit が切り捨てられるのではなく、32 bit のバイナリと 64 bit のバイナリ両方を含めることを義務化するだけです。これやらないと新規申請が通らなくなるだけなので、すでに審査を通って公開済み既存アプリはそのままで良いはず。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です