Build 283.1 (ベータ・プレリリース) が発表されました


Build 283.0 をマイナーバージョンアップしたものでバグフィックスがメインのアップデータです。本家フォーラムのオーナーズラウンジにて配布されています。

このプレリリース版で安定性が無事評価されたら数日後に正規アップデータへ昇格する見込み。

現在 HTML5 出力にバグを抱えているフリー版 CF2.5 も 283.x ベースに置き換えられる予定です。

安定性重視の方はまだこのベータ版のダウンロードは必要ありません。

参考:チェンジログ/ 283.1

Build 283.1 の主な内容としては 282.1 の時に拡張された「オブジェクトが保持できる変数の仕様」について、各エクスポータもこの仕様へ対応ができるようになっています(ただし現時点では iOS Exporter は未対応?)

参考:R283.0 ベータ版が登場
参考:Build 282.1 以降変更された変数の仕様について

iOS に関しては iOS8 関連バグフィックスも含まれており色々改良・改善されています。また MacOS 上で最新版の Wine を使って CF25 を動かした場合に、エクスプレッションが内部エラーを引き起こす問題が修正されたようです。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です