クリックチーム エクステンション SDK の公式ページが発表されました


各エクステンション SDK が正式なページとしてまとめられ本家から公開されています。

今回はちょっとカッコイイバッヂ付き。ただし iOS のセクションだけまだ公開に至っておらず、すこし後に公開されるようです。

参考(Clickteam.com):Clickteam - Extensions SDKs

badge_SDK

SDKs (Software Development Kits) とは

クリックチーム製品は本体を拡張するためのサブセット(一部機能)を「エクステンション」と呼び、各エクステの開発キットをユーザ向けに公開しています。これが SDK (ソフトウェア開発キット) です。

エクステンションは大まかに二種類あって、一つはクリックチームが作製した「 inBuilt Objects 」で、これらは基本的に各エクスポータでも共通して使えるよう常時サポートが継続されており、標準機能に近い拡張機能という定義になります。

「 inBuilt Objects 」の例を出すと 「 INI 」とか「 GET 」はエクステだけど標準として各エクスポータでも共通して使えますが、だけどこれらは一応エクステ(拡張)です。あるいは「 ForEach 」のようにかつてはサードパーティ製エクステ扱いだったものが本体機能として統合されて名前をすこし変えて( OnEach )となったケースなどもあります。

SDK を使ってユーザが独自開発したエクステをサードパーティ製と呼びます。

これらはユーザが作ったものでクリックチームとは関係ないため各エクスポータでの共通動作を基本的に保証していません。「無い?ならば作りたまえ」というスタンスなので、欲しい機能が本体に無い場合ユーザが自分で作ることができるよう予め用意してくれたが各 SDK ってわけです。

CF2.5 本体に無い機能はエクステの開発をすることで実現できるようになっていて、SDK を使ったサードパーティ製エクステの自由な開発と公開、そして作ったエクステを販売することまでがすべて保証されています。

参考:Clickstore:Extensions

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です