Build 281.4 – Prerelease で SWF、HTML5 エクスポータを試してみた


まず一番期待の高い SWF エクスポータがどの程度の完成度なのか試してみた。

チェンジログに依ると SWFE には CF2.5 の機能がほぼ実装されたようなので調度良い実験用の製作中アプリがあったので試してみる。ブラウザは Google クローム系を推奨します。


テスト用:http://prester.org/swf/TuxBeta/TuxBeta03s_swf.html

全30面ですが、テスト用は一面までしか実装してありません。


HTML5 で途中まで動作テストしていたものなので、ウェブでの動作互換性は最初から確保しながら作られているアプリです。Physics 系の動作は一切使っていません。

Badges_exporters_swf

おお、すげぇ

最初にビルドした時の感想がこれ。

CF2.5 で実装された「 On Each 」や「 Timer Events 」などを使っているのですがエクスポートしたら問題なく動作しています。

ブラウザでは若干動作が重いけど、解像度とか FPS を考えるともともと SWF には荷が重いのでこれは仕方ないかと。

HTML5 エクスポータよりも先行して発売されていたため、エクスポータとしての安定性とか動作互換性は非常に高かったのですが、今回のアップデートで正しく CF2.5 用 SWF エクスポータとして生まれ変わった感じです。

error_log

error_log_details

ini の一部エクスプレッションに互換性が無いようで、AppPathの指定をしてあった部分にエラーが発生した例

次に HTML5 ビルドを試してみる

>>その 2 へ続く

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です