Scirra.com にて、2014 年版 HTML5 パフォーマンスの比較記事


複数の機器と OS で動く各種ブラウザ上で Scirra 製のゲームを動かし、HTML5 の動作パフォーマンスなどを調査し検証するという内容の記事が Scirra.com の開発者ブログからポストされました。

前回の調査は 2012 年だったので 2 年ぶりとなる最新調査結果などを読むことができます。

参考:The Great HTML5 Gaming Performance Test: 2014 edition - Scirra.com

Scirra.com とは?

Construct2(以下 C2 と略)というゲームオーサリングツールを開発しているイギリスのベンチャーです。ゲーム開発オーサリングツールとして PC 用ゲーム開発ができる無償の「 Construct (コンストラクト)」を開発した実績を持ち、Construct はオープンソースプロジェクトとして一般に公開もされています。
こんすとらくと つー
 

Construct2  とは?

PC 用のゲーム開発オーサリングツールだった Construct の開発実績が評価され、開発者達は新しく HTML5 用のゲームオーサリングツールとして「 Construct2 」の開発を発表、同時に起業します。

www.scirra.com 」の唯一の製品です。

比較的早い段階から HTML5 専用としてプロジェクトを立ち上げたため注目も増し、ブラウザで動作させるオーサリングツールのベンチャーとしては海外で知名度と人気があります。

コンストラクト2 の特徴

HTML5 専用なので一つのソースコードで動作対応するハードウェアが非常に多いのが特徴。HTML5 に関連する最新 OS やデバイスにも対応が速いです。Tizen や Windows Phone( Lumia ) に Kindle、Blackberry( Z10 )といったマイナーな OS や機種も動作検証されており、ゲームコンソールに搭載されたブラウザにも対応可能。Apple( iOS 含む )、Android、Linux( Ubuntu )など主要な OS にもすべて当然対応しています。

おっと、マイクロソフトを忘れてたぜ(テヘペロ)

実行ファイル( exe )も出力可能

HTML5 なのでこの分野で常に先行する Google のサービス(ブラウザ)に依存することになりがちですが、HTML5 への対応に関しては Google ( Chrome ) に勝るブラウザはいまのところ無いと思います。

「 Node-Webkit 」を利用することで ウィンドウズ、 マック、リナックス三種類の専用デスクトップアプリとして実行ファイルをビルドすることもできます。

ただしスタンドアロンのブラウザを丸ごと実行ファイル化するため最小構成にしても非圧縮時で 50 MB 以上のファイルサイズになります。

つまりアホみたいに簡単なことをするアプリでもアホみたいにファイルサイズがでかくなります。

検証結果から分かったこと(デスクトップ PC)

2012 年のベンチマーク検証時にはデスクトップでの動作結果もブラウザでかなり差が出ており、マシンスペックのボトルネックよりもこの頃はまだ対応ブラウザが抱える個別の問題が大きかったことが分かっています。

2014 年のテストでは各ブラウザの性能差は縮まってきており、万年劣等生だった IE (インターネットエクスプローラー)も WebGL に対応したことでデスクトップ PC における HTML5 の動作パフォーマンスは品質の向上が顕著となりました。XP が公式に排除されることで古い環境が底上げされ、デスクトップ PC での動作は一定の水準を満たしつつあり、2 年前と比較しても今後普及にやや明るい展望が見えてきました。

2014_scirra_html5_performance_test_resultsWindows では各主要ブラウザが WebGL へ対応

モバイルにおける対応具合は?

PC に対してモバイルは検証結果に相当のムラがあります。単純な描画処理能力なら WebGL への対応が結果の明暗を分けるのですが、ブラックリスト入りした GPU などを搭載している一部機種では WebGL がまともに動かないこともあり、Canvas2d での動作も散々な結果に終わっているものがあります。

二年前の機種だとモバイルはキビシイ?

モバイルはまだ HTML5 の動作パフォーマンスや安定動作に関しては二年前の機種だと多くの障害があって万全とは言えない情況のようです。

ブラウザというよりも貧弱な端末スペックや内蔵ハードウェア、そして安定しないハードウェアデバイスドライバに依存するようで、使っている機種が 二年以上前の製品だとハードウェアがきちんとした対応ができていない、あるいは安定動作の基準を満たさない。

ハードが最新であればあるほど基本的には良い結果が得られていますが GPU は気を付けて選ばないといけないようなので、進歩が速い分野とは言えモバイルで HTML5 はまだ難しいという印象を持ちました。今後に期待をします。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です