DIME : GetFrequencyDistribution / help


DIME : GetFrequencyDistribution / help


げ っ と ふ り く え ん し ぃ で ぃ す と り

G e t F r e q u e n c y D i s t

Expression【 パラメータ 1 】

用途/度数分布を得る

機能について解説

Frequency Distribution ( 度数分布 ) の略が FD なので、GetFD ( げっとえふでー )が略称です。

指定された配列要素に保存された正規乱数の度数分布を得ます。

事前に CreateNewGaussian 命令でエクステンション内部の配列に計算結果を代入しておく必要があります。

CreateNewGaussian 命令で得た配列要素数を元に、パラメータ 1 で適切な配列要素の指定を行なって下さい。

配列から連続した値受け取りのためには CF2.5 側でループを回す必要があります。

ForEach もしくは高速ループやアクションループを活用してください。

動作サンプル:BoxMuller として共通

注意事項

  1. エクステンションが行った計算結果はエクステ内部で確保された配列に記録されています
  2. 配列の値は保存されません、フレーム移動でも消える揮発性のものです
  3. 値は INT で保存されています、返り値も INT で受け取ります
エクスプレッション GetFD(
  INT    // 配列の各要素を指定
);

END

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です